全国相続サポートセンター > 相続レポート > 人生120年時代、不動産との付き合い方は

全国相続セミナー情報

人生120年時代、不動産との付き合い方は
2019年06月10日

2019年6月4日、日経新聞に金融庁の金融審議会がまとめた報告書についての記事がありました。「人生100年、2000万円不足」というものです。公的年金に頼った生活設計では資金が不足するため、年金以外の資産形成を促す狙いがあるようです。特に私たち現役世代にとっては、年金受給額や支給開始のタイミングなど、確かに年金だけには頼れない喫緊の課題かもしれません。

今回の「2000万円の資金不足」、「年金以外の資産形成」の記事を不動産の目線で見るとどうなるでしょうか。

報告書を見れば高齢世帯の1ヶ月の平均収入は20.9万円、平均支出は26.3万円であり、毎月約5万円の赤字に対して、貯蓄などの金融資産を切り崩さないといけないことになります。ここで注目したいのは、平均支出の内訳にある住居費が13,656円だということです。退職金による一括返済などで確かに高齢世帯には住宅ローンが残っていないケースもあり、今回の数字はいわゆる管理費や修繕費などが計上されているようですが、賃貸世帯の場合はどうでしょうか。

例えば夫婦2人暮らしで家賃が6万円であると仮定すれば、その分支出が増えて赤字額も10万円を超えるかもしれません。また、持ち家であれば、いざという時に売却して現金化することも可能であるため、持ち家か賃貸かは老後資金を考える上で重要な要素になりそうです。いずれにしても今回の報告書では特別な支出(住宅のリフォーム費用や老人ホーム等の費用)は含まれていないため、早い時期から老後のライフ・マネープランの検討が必要になってきます。

次に、資産形成の手段としての不動産についてご紹介します。

不動産による資産形成といえば、マンションなどへの不動産投資やREITなどの言葉がすぐに思い浮かびますが、最近では不動産特定共同事業法(不特法)に基づく小口化商品を目にする機会が増えてきました。特に現物の不動産価格が高くなっている昨今、1口1万円から始められる不動産投資や、相続対策としての効果が見込める商品もでてきています。これらは住宅だけではなくオフィスやホテルなど、様々な用途や予算に合わせた投資が出来ることも魅力であり、ニーズは今後一層高まるのではないかと考えています。

 

これからは人生100年ではなく120年という時代に向かおうとしています。
ご自身の資産を守り、増やし、そして安心して暮らせるよう、不動産との付き合い方をしっかりと考えたいですね。

筆者紹介

堂脇 善裕
株式会社三好不動産
ソリューション事業部 部長

不動産のプロとして、相続した不動産の売却や有効活用や相続対策としての不動産売買など、お客様にとって最適な提案を行います。
不動産は財産の大半を占めており失敗しない対策が不可欠です。一方で「同じ不動産は世の中に一つしかない」対策が大変難しいものでもあります。
「分かりにくい」「分けにくい」不動産、年間3000件を超える売買相談を受けている私たちだからこそ出来る提案があります。
無料相談、無料査定から、まずはお気軽にご相談下さい。